歯科医がすすめる虫歯予防の習慣

一生健康な歯を保つための情報サイト

>

歯磨き以外の口内ケアアイテム

歯の間の頑固な汚れに、デンタルフロス

虫歯予防をするにあたって、歯の間というのは非常に厄介なところです。
プラークがたまりやすいのに対して、歯ブラシで磨くのは難しいからです。
歯の間のケアをするために最適なのは、デンタルフロスです。

デンタルフロスは、細かい繊維を束ねた糸のようなものです。
デンタルフロスには糸だけのもの(ロールタイプ)とホルダーと呼ばれる器具に糸がついた形(ホルダータイプ)があります。
最初はホルダータイプの方が使いやすいですが、慣れればロールタイプの方が簡単で、またお金もあまりかかりません。

使い方は簡単で、歯と歯の間に通して歯の面を磨くだけです。
歯に通す時や抜くときはゆっくり横に動かしながらだとスムースにいきます。

気をつけるべきことは、歯茎を傷つけないようにゆっくり丁寧に磨くことです。
慣れないうちは血が出ることも多いですが、なれればなくなっていきます。
もし血が出続けるようであれば、歯医者さんに相談するべきです。

歯を守ってくれる強い味方フッ素

もう一つの虫歯予防アイテムは、「フッ素」です。
皆さんの中には子供の頃、学校でフッ素を塗ったりしたことがある人もいるかもしれません。

フッ素は、歯の表面の物質と反応して固い鎧のようなものを作ります。
これによって、虫歯の原因菌の活動を抑えるだけでなく、溶けた歯の修復を促進したり歯そのものを酸に強くしたりといった効果があります。

フッ素をとるにあたって気をつけるべきことが二つあります。
一つは継続的にとること、もう一つはなるべくフッ素が口の中に残るようにすることです。
この二つ目は意外と重要で、例えばフッ素入りの歯磨き粉で歯を磨いた後口をゆすぎ過ぎてしまうとフッ素があまり残らず、効果が半減してしまいます。
フッ素入りの歯磨き粉やマウスウォッシュで毎日継続的にフッ素を歯に塗ることで効果的な予防になります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る