歯科医がすすめる虫歯予防の習慣

一生健康な歯を保つための情報サイト

「健康」に生きるために、重要な「予防歯科」

やはり虫歯を予防するために一番大切なのは、歯磨きです。 人生で一度も歯磨きをしたことがないという方はおそらくほとんどいらっしゃらないと思いますが、それが本当に正しい、つまり虫歯予防に最適なものか、と言われると、少し自信がない方も多いのではないでしょうか。 歯磨きで気をつけることをまとめてみました。

正しい歯磨き、できてますか?

日本はこれからさらに高齢化が進んでいくと言われています。
人生80年という時代、ただ長生きするだけでなく、いかにして「健康に」長生きするかということが大きなテーマになっています。
そのために軽視することができないのが「歯」の健康です。

健康的な食生活のためには、80歳のときに20本以上歯があることが推奨されています。
歯を失う大きな原因としてあげられるのは、虫歯と歯周病です。
特に歯周病は、歯を失うだけでなく全身の色々な病気の原因となるとも言われています。

近年、日本でも「予防歯科」という考え方が浸透し始めています。
予防歯科とは、虫歯になってしまってから治療を始めるのではなく、なってしまう前に予防することの方が重要である、という考え方です。

予防歯科の先進国として有名なのはスウェーデンです。
スウェーデンは世界有数のお菓子消費国でもあり、以前は虫歯や歯周病が多い国でした。
しかし、1970年代に国家的に予防歯科への取り組みをした結果、現在ではその考えが国民に浸透しました。
80歳時に残っている歯の本数を比べると、日本は14本なのに対して、スウェーデンは20本と言われています。
このように、予防歯科は虫歯にならないために重要なのです。

予防歯科の基本は、歯を守るために正しい知識を身につけ、生涯を通じて歯を管理し、守るということです。
そのために、どのような知識や習慣を身につけるべきなのか、調べてまとめてみました。

歯磨き以外の口内ケアアイテム

歯のケアには歯磨きが一番大切ですが、残念ながら歯磨きだけでは虫歯や歯周病の予防を完全にできるかというとそうではありません。 歯磨きでは取りきれない汚れがどうしても残ってしまいます。 そういった汚れなどを自分でケアする方法はいくつかあります。 そのうち、代表的なものをご紹介します。

いつまでも健康な歯を保ち続けるための生活習慣とは?

虫歯予防では、ものを食べた後どのようにケアするかということに注目しがちですが、予防歯科の考え方では重要なのはそれだけではありません。 むしろ、歯を保存するためにどのような習慣をつけるかということが大切で、歯磨きもその一部であるという考え方もあります。 では、どのような習慣を身につけるべきなのでしょうか。

リンク集

TOPへ戻る